通知タイミングとは

MAMORIOアプリは、登録されたMAMORIOを一定時間内に1度も検知できなかった時に、「MAMORIOを紛失した」と判断します。

また、紛失したと判断してから「通知タイミング」の秒数経過後に通知を出してお知らせします。

例:通知タイミングを30秒に設定した場合
紛失したかどうか判断する時間(最大30秒程度)+通知タイミング(30秒)で、最大で60秒後に通知

複数のMAMORIOをご利用の場合、一つ一つ異なる通知タイミングを設定していただけます。


通知タイミングを変更した方がよい時

・通知が頻繁にきてしまう
→通知タイミングを「長く」設定してみてください。

もし同じ建物の中にいるのに通知が頻繁にきてお困りの場合は、特定のWi-Fiに接続している時は通知を鳴らさないようにする機能がございます。
詳しくは下記を御覧ください。

「ここでは鳴らさない」について


・MAMORIOが手元から離れてもなかなか通知がこない
→通知タイミングを「短く」設定してみてください。


操作方法は下記を御覧ください

通知タイミングの変更

回答が見つかりましたか?